拘りポイント1:段階なく調整可能!フィッティングバック構造 ※特許出願中


長年オーダーグラブを製作していると、手入れ部分のフィッティングにお悩みの相談を良く受けます。

何とかしたいと思いながらも、全く着手できずにいましたが、ニューモデルに無段階で0~20㎜調整前後可能なフィッティングバック(※特許出願中)として搭載しました。

 

バンド上部の革紐(結んだ状態)を起点にベルトで間口を調整します。

上部革紐の結びをほどき、リストの間隔を調整、上部革紐を結びベルトを締めます。


注意:ベルト上部の結び紐は初期セッティング調整可能な状態(長残し、仮結び)になっていますので、調整後はキツく縛り任意の長さでカットしてください。

拘りポイント2:古き良き時代の北米産キップの再来


 

数十年前より、グラブによく使われていた良質のキップは、革の需要による価格の高騰、人件費の高騰を受けての材料費のコストカットなどを受け、近年ではステアの使用率が高まっており、キメの細かい繊細なキップの革は徐々に姿を消しました。

そんな中、古き良い時代の北米産キップを復活できないかと画策し、やっとテンペストで復活する事ができました。

そんな拘りのキップに、テンペスト(嵐、暴風、動乱)など旋風を巻き起こしたいという意図で命名され、旋風を起こし頂点を目指す意図で山頂が刻まれたロゴが刻まれています。

※キップ使用は硬式オーダーのみとなります。軟式オーダーはステア仕様となりますのでご注意ください。

拘りポイント3:強度の強い芯通し無しの革紐全カラー対応


レース(革紐)で採用したのは、全てのカラーで浸透しなしの切断面が白い革紐です。

 

芯を通さないレースは白い統一されたレース用に製作された革を使っており、カラーの染料を表面のみの着色することにより、中心の強度が残った理想的な革紐となっています。

また、強度がある事で薄く剥く事が可能となり、レースの通しやすさはもちろん、軽量化も実現しています。

 

革紐カラーに断面の白の2色入るので視覚的にも奥深い質感が楽しめます。

拘りポイント4:ラベルの全メタリック直刺繍


マークに使う部分のすべての刺繍糸にメタリックカラー(全9色)を用意しました。

 

通常、メタリック糸の直刺繍の場合、何千もの穴を開け厚い革に直接縫い付けるため、途中で切れてしまう事が多くなかなか実現する事ができませんでした。
そんな中、業務用の刺繍マシンを導入し研究する中、特殊技術と強度フィルムによって厚い革に刺繍を打つ技術によって高品質な立体直刺繍ラベルを作り上げる事が可能となりました。

 

また採用した特殊な糸も、硫化物との接触による変色にも強く、光輝く立体ラベルにも注目です。

その他の拘りポイント:直観的オーダーシステムの導入!


今までは、オーダーをする際に、実際のグラブがどんなイメージに仕上がるのか確認できるシミュレータ―は用意していましたが、シミュレート後に、実際オーダー項目を選び、そのイメージがどうなっているのか、また、オーダーを選ぶ際に間違っていないかなど、オーダーまでに複雑な工程を必要としていました。

 

そこで、オーダーした画像やオプション項目、更に金額当をID化、ビューワーにIDを入れるだけで、いつでもオーダー内容を確認する事ができるようになりました。(オーダーの際は発送先情報とIDを入力のみ)

 

また、この手のシミュレーターは読み込み時間が長く、オーダーに行きつく前に嫌になる事も多かったりしますが、このシステムは高速表示を重点に開発されていますのでストレスなくシミュレート可能です。